タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

ネット販売だけでほぼ10年家族を養ってきた小さい会社の社長が日々のことを書いております

タイ輸入販売 2019年活動総括

この記事をシェアする


f:id:K-DAD:20200101012802j:plain

 

タイ輸入販売 2019年総括

2019年渡タイ遍歴

こんばんは。K-DADです。

2019年も残り1日となりました。

(実はもう明けてしまいましたが・・・)

 

年の最後としてタイ仕入れブログなので、K-DADのやっている物販ビジネスのうち、タイ仕入れ日本国内販売の部門について総括して2020年の活動に活かしたいと思います。

 

まず2019年は5回タイに買い付け出張に行きました。 

  • 1月:チャトチャックウィークエンドマーケット視察・買い付け
  • 4月:展示会視察・商談
  • 6月:ワニ革工場新規開拓・商談
  • 7月:このブログ立ち上げ
  • 8月:家族旅行兼の買い付け旅行
  • 11月:ワニ革工場商談・牛革製品OEM注文、情報発信用の情報収集

1月はバンコクパスポートさんの仕入れツアーに参加し、4月は毎年行ってるSTYLE Bangkokという展示会を見てきました。

www.k-dadblog.com

6月からはワニ革工場との取り引きがスタートし、OEM商品を作ってもらいました。

www.k-dadblog.com

8月は家族を連れ、リフレッシュがてらハンドキャリーしてきました。

家族3人分の預け荷物限度66kg分、自分たちで買い付け品を持ち帰ると相当節約になりますので。

www.k-dadblog.com

 

今年5回のバンコク出張で得たタイでの収穫は、

  • 今まで独力でタイの卸と取り引きしていたのが本格的に輸入代行業者を使うようになった (バンコクパスポートさん)
  • 良質なワニ革工場と取り引きを開始した
  • 同じく牛革の工場と取り引きを開始してOEMをスタートした
  • このブログを解説してタイ仕入れの情報発信を始めた

これと合わせて既存の取引先とは今まで以上に取引量が増え売り上げに貢献してくれています。

 

出張回数でいうと例年6-7回渡タイしていたので今年は少々出張が少なかったです。

それは今まで全くの独力でタイのお店や問屋と商談していたものを、今年から本格的に輸入代行業者(バンコクパスポートさん)を介して買い付けするようになったのでわざわざタイに行く必要性が薄れてきた、ということがあります。

bnk.yiwupassport.com

実際、チャットワークで買い付けの依頼を送るだけで日本で発送まで完結するようになったので。

 

とはいえ、やっぱりタイに行くのはとても楽しいので、ひと月くらい日本で仕事してるとタイに行きたくなってくるんですよね。

それで、じゃああの店の次の注文に合わせてバンコク行くかー、という感じで出張が決まっていくわけです。

そのあたりはやっててとても楽しい仕事をさせてもらってるなーと感謝しかないです。

 

2019年タイ仕入れの状況 

 

今年1年、例年通りタイ仕入れ国内販売をやっていて感じたことは、

タイ仕入れに参入する人が増えたなー

ということです。

 

タイ仕入れに関する情報発信をする人も増えましたし、買い付けツアーを主催する人もよく見るようになりました。

時節柄、ユーチューバーでタイの仕入れ動画を上げてる人も結構見ますね。

例えば、


【タイ🇹🇭古着仕入れ】バンコクの巨大古着倉庫に潜入!!

とか、


タイ仕入れ商品レビュー アパレル(サルエル・シルバー・Tシャツ・ビキニ)タイ輸入工場直仕入れ商品紹介

とか。K-DADも新しい情報はないかなと常に勉強させてもらっています。

 

タイ製品と思われる商品を販売する人も増えましたね。

実際私K-DADが6-7年くらいほぼブルーオーシャンで販売できていたあるタイ商品を販売する人を結構見かけるようになりました。

 

それは中国輸入がだいぶ飽和してきて(実際はまだまだ飽和してないんですけど)、中国輸入販売で行き詰まってる人がタイ仕入れに流れてきているんだと思います。

で、新規でタイ仕入れを始めた人が実際やってみると中国輸入と毛色の違う商品があってそこそこ利益も出る、でタイに買い付けに行くのは楽しい、となるとそういう噂は広まってどんどん新しい人が参入してきますね。

 

そんな中、K-DADもタイ製品に関して何とか売り上げはキープしていますが、売り上げを維持向上していくためには今まで通り売っていてはダメで、いろいろ工夫をする必要が出てきました。

 

例えば

  • 販路を増やす
  • 商品ページや商品画像のブラッシュアップ
  • 相乗り対策を施す(タグ付けなどの簡易OEM)
  • OEM
  • セット売り、セット組み
  • 広告を増やす

などの施策を施す必要が出てきました。

同じ売り上げを上げるためにやらなくてはいけないことが増えたなという印象です。

それらの対策を怠ると競合他社が増えているのですぐお客様が取られて売り上げが下がってしまいます。

 

2020年タイ仕入れの潮流

f:id:K-DAD:20200101024704j:plain

 

タイ仕入れに参入してくる人は来たる2020年もますます増えると思われます。

オフラインの実世界でもまだタイに行ったことがないけど、タイ仕入れやってみたいという方と話をする機会がチラホラありました。

 

そうして、タイ仕入れの新規参入者が増えてくると、ある分野の製品はそろそろ飽和してくるのではないかなと思っています。

例えばワニ革製品とかスティングレー(エイ革)製品とかタイパンツとか・・・。

そこまで大きい市場だと思ってないので。

全く売れなくなるわけではないけど、他人より優れた商品を作る必要が今までより出てくるようになると思います。

 

ということは今まで以上に販売する上で工夫していく必要があります。

今年やっていた売るための施策に加えて、そもそも商品自体をよい商品を作る努力、ライバルの商品の欠点を改善した、より魅力ある商品を作る努力が必要になってくると思います。

このあたりは中国輸入が黎明期からプチ飽和期に至るときの流れと同じです。

 

現状維持でいいと思っていたら衰退あるのみです。

今までこの10年間で3回くらいそういう目に合ってきました。

実際に現状維持するには常にブラッシュアップして向上の努力をした結果、初めて現状維持になるんだということを学んできました。

もう同じ轍は踏めませんね。

 

2020年渡タイ予定

f:id:K-DAD:20200101024124j:plain

2020年も5回くらいはタイに行く予定でいます。

旅行と出張を絡めてタイに行くのが大好きなので2020年は

  • チェンマイ
  • ベトナム
  • パタヤ
  • シンガポール

あたりに立ち寄りつつのバンコク出張を予定しています。

次回は2020年2月かな。また1回くらいは家族も連れてってあげたいです。

 

というわけで2019年K-DADのブログをご拝読いただきありがとうございました。

いつものバンコク出張も情報発信の目的もあるとまた違った目で街を見れて、発信する側としても勉強になったし、楽しかったです。

 

2020年もタイに関する役に立つ、面白い記事を投稿していきたいと思っていますので引き続きよろしくお願いいたします。

 

K-DAD