タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

ネット販売だけでほぼ10年家族を養ってきた小さい会社の社長が日々のことを書いております

タイ買い付け時に必要な英語教えます これさえ覚えとけば大丈夫

この記事をシェアする


f:id:K-DAD:20191029165247j:plain

 

タイ買い付け時に必要な英語教えます これさえ覚えとけば大丈夫

 

まえがき

 

こんにちは。K-DADです。

タイ仕入れのブログを書き始めてやっと40記事を超えました。

文章書くのって難しいですね。

毎回画像の編集とかも入れると4-5時間かけて1記事を書いています。

 

で、いろんな方に私がタイに仕入れに行っていると知っていただけると

結構聞かれるのが、

「K-DADさんはタイ語しゃべれるんですか?」

というもっともな問い。

 

f:id:K-DAD:20191029215239j:plain

大さんのブログータイ国バンコク在住より

 

ですがK-DADがしゃべれるタイ語は

  • 「サワディーカップ」 こんにちは
  • 「コックンカップ」 ありがとう
  • 「アローイ」 美味しい
  • 「サバーイ」 気持ちいい、心地いい
  • 「タオライ」 いくら?
  • 「パイ 行き先の地名 カップ」 (タクシーで)どこどこへ行って

1から5までの数字だけ。

(ヌン、ソン、サーン、スィー、ハー)

f:id:K-DAD:20191029183030j:plain

もう少し、タイ人とタイ語で意思疎通ができるくらいタイ語を習得したいんですけど長期でいるわけじゃないからなかなか覚えないですね。

あとは英語がかなり通じてしまうのがタイ語を覚えない大きな要因の一つだと思いますね。

 

タイでの買い付けはタイ語は全く必要ないです。

(もちろんタイ語が少しはできた方がお店の人と打ち解けやすいとは思いますが)

中学英語がわかれば問題ないです。

 

タイ人も日本人も同じアジア人、片言で発音めちゃくちゃのブロークンイングリッシュでもお互いを理解しようとする気持ちが通じ、何とか意思が通じます。

 

買い付け時に必要な一連の英会話

f:id:K-DAD:20191029183537j:plain

 

というわけで、買い付け英語教室です。

ちなみにここから述べる英語は文法的にはおかしなものもあるかもしれません。

でも実際にK-DADが買い付け時に普通に会話できてます。

そのくらいカンタンということですので臆せずどんどん話しかけてみて下さい。

 

場所はチャトチャックウィークエンドマーケットプラチナムファッションモールとしましょうか。

 

これはというお店に入ったら、元気よく

「ハロー」

もしくは

「サワディーカップ」(女性なら「サワディーカー」)

以下タイ語は全部男性言葉とします。女性だったらカップカーに置き換えます。

 

気に入った商品があったら手に取るなり、指差すなりして

 

「イッツグッド、ハウマッチ?」

(「タオライ?」)いくら?

と聞くと、

お店の人が値段を言ってくれます。

例えば

「ワンフィフティー」150バーツ

とか

「ワンフィフティー、バット ファイブピース ファイブハンドレッド」

150バーツだけど、5個なら500バーツでいいよ

親切に卸値とロットも教えてくれる人もいます。

 

もし卸値を教えてくれなければ

「ハウマッチ イズ ホールセールプライス?」卸値はいくら?

もしくは

「ホールセールプライス?」

だけでも通じます。

 

これで卸値と最低ロットがわかりました。

でももう少し安くしてほしいとします。

もう少し安くしてほしい時は、

「クッジュー ディスカウント?」

 

「アイ オーダー テン ピース、ソー ディスカウント プリーズ」

10個買うから安くしてよ 

 

そういう時、店員さんはよく電卓を差し出してくることがあるので、そうしたら希望の値段よりもう少し安い金額を打って見せます。

f:id:K-DAD:20191029185543j:plain

「オーケー?」

するとだいたい店員さんは一回は無理というので、次は希望の値段を提示するというやり取りをしていると、希望の値段あたりにだいたい落ち着くというわけです。

 

もしくは

「イフ ユー オーダー ダズン、エイティバーツ、オーケー」12個買うなら1個80バーツでいいよ。

 

などと言ってくるかもしれません。

そうやって交渉を繰り返して値段が決定されます。

f:id:K-DAD:20191029185935j:plain

 結構しつこく何回も交渉している人を見かけますし、ベトナムなんかだと最初結構ふっかけてくるので何回も交渉してもいいですが、チャトチャックウィークエンドマーケットなどタイのマーケットでは基本的にすでにある程度安い値段が設定されていることが多いです。

つまりベトナムみたいにボッタクリな値段を言ってくることはあまりないわけです。

それなのに最初にあまりにも安い値段を提示すると失礼にあたりますのでご注意下さい。

以後心を閉ざされる可能性があります(笑)

そこは相手も人間ですからね。

あなたも売る側だったらいきなり半額にしろなんて言われたら嫌でしょう。

 

値段とロットに納得したら購入するわけですが、

領収書をもらっておかないといけないので

「ビル、プリーズ」

あとはまだマーケット内を歩く予定なら

「プリーズ キープ マイオーダー、アイル ビー バック アット スリー オクロック」

商品置いといて、3時に戻ってくるから

 

と言って、買った商品を預かっておいてもらいましょう。

後でお店にたどり着けるようにショップカードをもらっておきましょう。

「ショップカード プリーズ」

カンタンでしょう?

 

そのお店と繰り返し取り引きしたかったら

 

チャトチャックウィークエンドマーケットで初めて訪れた店でとりあえず10個ほどサンプルとして商品を購入するとします。

サンプルが無事売り切れたりしたら、本格的にその店から買い付けをしたいわけですから、

そのために店主とLINEを交換しておきましょう。

f:id:K-DAD:20191029190440p:plain

「アイ ウォント オーダー アゲイン、ユア LINE プリーズ」

と言ってQRコードを見せましょう。

 

お店にいる時に聞くこととしては

「アイ ウォント ユア カタログ(アイテム リスト)」商品リストちょうだい

 

「キャンユー シップ トゥー ジャパン?」

日本まで発送してくれます?

 

だいたいチャトチャックウィークエンドマーケットのお店はマーケット内のカーゴ会社を使って日本に発送してくれます。

あなたが輸入代行業者の会員でなければお店に直接日本まで発送してもらいましょう。

 

でもあなたが輸入代行業者を使っていくつかのお店の商品をまとめて発送したいなら

「ネクストオーダー、プリーズ デリバー トゥー マイ エージェント イン バンコク」

次の注文はバンコクにある私の輸入代行業者まで届けて下さい。

 

と言って注文を輸入代行業者のオフィスに送ってもらいましょう。

 

日本から注文代金を支払うことが可能かも聞く必要があります。

「キャナイ ペイ ユー バイ ペイパル?」

 Paypalで払ってもいいですか?

Paypal(ペイパル)メールアドレスでの送金が可能で世界中に普及しているのでタイ人も海外から支払いを受けるためにアカウントを持っている人が多いです。

www.paypal.com

 

店がPaypalでの支払いを受け付けられなかったらウエスタンユニオンでの海外送金か、輸入代行業者に支払いを代行してもらう必要があります。

「キャンユー レシーブ マネー バイ ウエスタンユニオン?」ウエスタンユニオンの送金で支払いを受け付けてますか?

 

「マイ エージェント センド マネー トゥー ユア バンク」私の輸入代行業者があなたの銀行口座へへ振り込みます。

 

ウエスタンユニオン海外送金は日本国内の外貨両替店や金券ショップなどに併設された取扱店において、現金で海外送金が行えます。最近は事前に登録をすればコンビニなどのATMでも送金が可能になりました。タイの受取人はウエスタンユニオン取扱店で送金された現金を受け取ることが可能です。

wu-moneytransfer.com

 

 

これで次の注文の発注、発送、支払いの問題がクリアになります。

 

OEMをお願いしたい時は

 

タイのお店はその多くが小ロットからODM注文を請け負ってくれます。

ODMとは簡単に言えば自分オリジナルの仕様で商品を作ってもらうことです。

 

タイでオリジナル商品をつくってもらうには・・・こちらもお読み下さい:

www.k-dadblog.com

 

とりあえずその店の既製品の質がよく、ODMをお願いしてみたければ、

「アイ ウォント ユー メイク マイ プロダクト、キャンユー?」私の商品を作ってもらえますか?

と聞いて日本から持ってきたサンプル商品を渡してみましょう。

 

サンプルと全く同じ製品を作りたいのならいいですが、

自分なりに仕様を少し変えたいとなると話が混み入ってくるので、通訳さんがいた方がいいです。

もしマーケット内をアテンドしてくれる通訳さんがいれば英語すら必要ありません

通訳さんと日本語で話せば全てお店の人に伝えてくれます。

 

通訳さんを頼む時は輸入代行業者貿易に精通した人にお願いするのがいいです。

今までたくさんの商談の場に同行しているはずですので日本人の好みやニーズを汲み取って店主に微妙なニュアンスも伝えてくれます。

何度かK-DADのブログで紹介しているバンコクパスポートさんでもアテンドサービスはじめ、支払い発送などタイ買い付けに関する懸案がワンストップで解決します。

bnk.yiwupassport.com

 

もし自力でODMをお願いするなら少し高いハードルになります。

やはり仕様をオリジナルにして作ってもらうなら商談日だけでもアテンドを頼んだ方がいいです。仕様変更の正確なニュアンスはやはり伝わらないからです。

通訳が入っても正確に理解してもらうのは難しいくらいですから。

 

持ってきたサンプルと全く同じ製品を作ってもらうか、色違い素材違い程度の仕様変更なら何とか自分だけでも可能ですし、それくらいならK-DADも輸入代行業者と付き合う前は一人でやっていました。

 

「アットファースト、キャンユー メイク ワン サンプル?」まずサンプルをひとつ作ってもらえますか?

 

「プリーズ エスティメイト トータルプライス」合計の見積もりを作って下さい。

 

「ハウメニ デイズ ユー ニード フォー ディス オーダー?」このオーダー作るのに何日かかりますか?

 

「プリーズ メイク セイム ウォレット バイ ブラウン カウレザー 」

(サンプル品を見せながら)これと同じ財布を茶色の牛革で作って下さい 

 

これくらい覚えていけば、サンプル品と同じ製品を作ってもらう注文は問題なくできます。

タイ買い付け時に必要な英語教えます これさえ覚えとけば大丈夫

以前紹介したBA-BIN SHOPでもODMオーダーできます

BA-BIN SHOPの紹介記事はこちら:

www.k-dadblog.com

 

最後に

 

K-DADはもっとタイ人と会話したいなと思っています。

これ見ながら片言のタイ語で指差し会話したりしています。

旅の指さし会話帳1 タイ [第3版] (旅の指さし会話帳シリーズ)

文庫本より小さいサイズで片手に収まるので持ち運びにも便利です。

 

あとはグーグル翻訳のスマホアプリなら日本語で音声入力 ⇒ タイ語で音声出力 も可能です。少し間ができてしまいますがコミュニケーションツールとしてはなかなかです。

文字での翻訳ももちろんできますので、買い付け時の混み入った説明もこれでできます。

translate.google.com

 

中国語ができなくては一人で中国現地仕入れはほぼ不可能ですが、

タイ仕入れなら中学英語ができれば、何とか自力で可能です。

全て自力でチャレンジしてもよし、

アテンドをお願いするにしても最初の下見は自分一人でフットワーク良く回って、最後の必要な店の詰めの商談だけ通訳をお願いすれば、アテンド費用と時間の節約になります。

語学習得は度胸ひとつとも言いますが、カンタンすぎて度胸もいりませんのでぜひ実践してみて下さい。

 

K-DAD