タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

ネット販売だけでほぼ10年家族を養ってきた小さい会社の社長が日々のことを書いております

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

この記事をシェアする


 

f:id:K-DAD:20191018071128j:plain

 

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる

まえがき

こんにちは。K-DADです。

11月のバンコク出張決まりました。

11/5-12に約1週間行ってきます。

今回はネタ作りのためいろいろやって来ようと思っています。

もし日程重なって同時期にバンコクに行っらっしゃる方はご飯でも行きたいですね。

 

今回の旅程です。

飛行機:行き ANA 羽田-那覇

       peach 那覇 - バンコク(スワンナプーム)

    帰り JAL バンコク(スワンナプーム) - 羽田

ホテル:まだ未定(ネタのためいろいろ泊まってこようと思います)

予定

  • 1日目:沖縄観光後、バンコク入り
  • 2日目:自由行動(バンコク市内のショッピングモール巡り)
  • 3日目:通訳さんに付いてもらって革製品の工場へ
  • 4日目:プラトゥーナーム市場視察
  • 5日目:チャトチャックウィークエンドマーケット(視察)
  • 6日目:チャトチャックウィークエンドマーケット(商談)
  • 7日目:自由行動(食べ歩き)
  • 8日目:早朝帰国

 

那覇-バンコク便のあるpeach

 

ん、peach 那覇 - バンコク(スワンナプーム)? 

経由?

そう、LCC(格安航空会社)peach(ピーチ)那覇からバンコクに就航しているんですよ。

以前の出張で使って、また時間に余裕があるとき乗りたいと思っていました。

 

今日は今回乗る、そのpeachの那覇-バンコク便についてお話したいと思います。

以前乗ったのでその時のことを思い出して書きます。

 

peach(ピーチ)とは・・・

 

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

peach Facebookページより


Peach(ピーチ)関西国際空港を拠点とする日本のLCC(格安航空会社)で現在ANAの子会社になっています。今月からは同じくLCCのバニラエアと経営統合されました。

www.flypeach.com

関西が拠点なんで羽田からはそんなに便が多くないです。

羽田からは

  • 台北
  • ソウル
  • 上海

へ就航しています。上海、ソウル便なんかは買い付けの出張にも使えますね。

成田からは

  • 台北
  • 高雄

あとは国内へ那覇石垣、奄美、札幌、福岡に就航しています。

関空からは国内便が豊富なのと、香港に行けるのがいいですね。

香港-広州ルートで買い付け行けるな、なんて思います。

 

あと、ソウル台北はpeachだけで羽田から日帰り旅行ができてしまいます。

peachサイトでも海外日帰り旅行推してます。

www.flypeach.com

今度ぜひチャレンジしたいです。

 

peachでバンコクに行くメリット

 

そんなpeachが那覇-バンコク便を就航させてることを知り、これは乗ってみないとと思い、利用したのが2年前、2017年2月

 

その時、那覇空港はLCCだけ専用のターミナルがあってメインのターミナルビルから連絡バスで移動しなくてはいけませんでした。

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

当時はpeachは連絡バスで離れたLCCターミナルに行く必要があった

 

そして貨物倉庫のような(実際貨物ターミナル)、殺風景なターミナルでお店も少なくベンチでひたすら搭乗を待ったのを覚えています。

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

旧LCCターミナル

さらに!当時のLCCターミナルにはカートもなく、買い付けのダンボールを手運びしなくてはならずとても大変でした。そのため行きはともかく、買い付けの荷物が多くなる帰りは絶対使えないと思っていたのですが・・・

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

どんなに大荷物があってもこの連絡バス乗り場まで手運びする必要があった

税関前の預け荷物受け取り場所 (当時のLCCターミナルにはターンテーブルもなかった)から写真のメインターミナルまでの連絡バス乗り場までダンボール3箱を手運びしたときは死ぬかと思いました。

その時、買い付けでは絶対peach那覇-バンコク便を使うまい!と思っていたのですが・・・

 

それが2019年3月19日の拡張工事完了からpeachもメインのターミナルビルで発着ができるようになり、そうすれば荷物を乗せるカートももちろん使えますので買い付けでの利用がかなり楽になります。(今回は行きだけの利用ですが・・・)

www.naha-airport.co.jp

それで今回また出張で使ってみようと思いました。

 

peachで那覇経由でバンコクに行くメリット

  • 沖縄観光もできる
  • 那覇までのマイルがあればバンコクまで安く往復できる
  • 那覇空港の連結ターミナルができ買い付けでも不便じゃなくなった

 

peachはじめLCCでバンコクに行く魅力はやはりその安さです。

今回の便はシンプルピーチという運賃タイプで、

  • 預け荷物なし
  • 座席指定有料
  • フライト変更手数料有料
  • キャンセル払い戻し不可

という制限の多い条件なら空港利用料、諸税込みで12170円でした。

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

peachの運賃プラン(peach ホームページより)

K-DADは今回、荷物を預けたかったのと、やっぱり通路側の席をとりたかったのでバリューピーチプランにしたのでちょっと高くなりますが、それでも14050円でした。

羽田-那覇間はANAマイルで取ったので東京からバンコクまでかかるフライト料金はこれだけ。

ANAマイル9000マイルと1万円ちょっとでバンコクまで行けてしまいます。

ANAでバンコクまでマイルで行くには最低でも3万マイル必要なので必要マイルの差21000マイルとピーチの運賃1万数千円をどう天秤にかけるかですね。

 

安いセール時期によってはシンプルピーチで那覇からバンコクまで4990円という時期が結構あります。いまサイトで確認したら最安値は9980円(諸税別)でした。

 

そしてpeachで那覇経由ならついでに沖縄観光もできてしまいます。

 

那覇経由バンコク行きの楽しみ方

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

首里城観光も可能

今回K-DADは朝9時半頃に那覇空港に到着する便で沖縄入りします。 

そうするとpeachのバンコク便が那覇空港を出発するのが21:45なので約10時間ほどは沖縄観光もできます

重いスーツケースなどは空港の荷物預かりに預けてしまって沖縄では身軽に行動しましょう!

那覇空港国内線エリア1階ヤマト運輸のカウンターが荷物預かりを兼ねています。

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

1階大きい水槽の横がヤマト運輸兼荷物預かりのカウンター

値段は確か1日1個1000円だったと思います。

 

直行バスがあるので美ら海水族館みたいな遠目のリゾートエリアも何とか行けますが、K-DADは那覇市メイン、空港から近いエリアの観光でよいかなと思ってます。

それでも十分楽しめます。

ゆいレールというモノレールで首里城観光も可能です。

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

ゆいレールなら那覇市周辺を機動的に観光可能

 

前回は那覇についてから

 

空港近くの瀬長島ウミカジテラスで空港から飛び立つ飛行機を見たり、

米軍の戦闘機も大迫力で見れました。

 

www.umikajiterrace.com

沖縄グルメを満喫

沖縄そばの有名店と

shurisoba.shop-pro.jp

 早めの夕食に島牛の焼肉を食べました。

yakiniku-shimagyu.com

那覇都心の日帰り温泉に浸かり

www.nahacen.com

のんびり過ごしてから那覇空港に戻りました。

 

今回出張で行こうかと思ってる半日でも満喫できる那覇空港から近めのスポットを紹介します。瀬長島ウミカジテラス以外はゆいレールで行ける場所中心です。

 

瀬長島ウミカジテラスは那覇空港から路線バスが出ています。

www.umikajiterrace.com

瀬長島ウミカジテラスにも日帰り温泉施設があります。

www.hotelwbf.com

 

 那覇でビーチも楽しめる、波の上ビーチ

www.naminouebeach.jp

 

買い食いならやはりここ

kosetsu-ichiba.com

 

 

そしてpeachの那覇空港出発が21:45なので何とか夕食まで那覇で食べてから搭乗できますが、今回は夕食は新しくなった那覇空港の連結ターミナルのレストランエリアで食べてみようかと思います。

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

那覇空港内の沖縄そば屋さん

こちらのブログで詳しく紹介してくださってます。

suki-gohantime.com

 

peachでバンコクへ

 

搭乗時、LCCターミナルの時はタラップまで徒歩で行くので間近に航空機を見上げられるというおまけ付きでしたが、新エリアではどうなんでしょう。

 

peachの飛行時間は約4時間半

シートは全席革張りで、狭さもそれほど気になりませんでした。

LCCなので機内サービスは全て有料なのでK-DADはコーヒー300円だけ頼んでPC開いてオフラインでできる仕事してることが多いです。空港で食事してますしね。

4時間半だから少し仕事してウトウトしてるとあっという間です。

 

そしてバンコク スワンナプーム空港到着は日が変わった0:35になります。

K-DADが以前紹介したKKdayで予約したWi-Fiルーターを受け取り、

(Wi-Fiルーターを借りるなら現地が絶対安いです。その中でもKKdayなら日本で予約、支払いできるので安心) 

KKdayでwi-fi・SIMカードを探す

www.k-dadblog.com

これで翌朝まででホテル1泊料金かかるのはもったいないので初日だけは空港内のカプセルホテル空港から近めの安ホテルに泊まるのがいいです。

どうせ朝まで寝るだけなので。

空港内なら地下1階エアポートレイルリンクの改札の先にBOXTELという小さいブース式の仮眠施設があります。

 

Peach (ピーチ) LCCでバンコク出張 + 沖縄も楽しめる ~ K-DAD タイで買い付け、ネット販売で約10年生計を立てている ひとり会社社長のお役立ち情報

BOXTEL ブース式の仮眠施設 時間貸し可

www.boxtelthailand.com

もしくは本当にカプセルベッド式の仮眠所もオープンしました。

 

www.asiatravelnote.com

両方とも予約サイトで予約すると高いです。

飛び込みなら時間単位で安く寝れますが時間も時間ですので定員いっぱいのことも多いです。

それなら空港近くの安ホテルの方がはるかに安いです。

 

空港近くの安ホテルならここ

ナサベガスホテル バンコク

hotels.his-j.com

ここはいつもHISが安いです。しかもHISはVAT込み、ホテルで余計な追加の支払いがないです。

K-DADもスワンナプーム空港に夜遅く着いた時はだいたいここナサベガスホテルで寝場所を確保します。 1泊1室2500円程度で一応ホテルで、朝食もついています。きれいとは言えないホテルですが、深夜到着、翌朝までの寝床としてなら十分です。

 

エアポートレイルリンクランカムヘンの駅前で翌日からの行動もスムーズにスタートできます。実はトンロー、エカマイのオシャレエリアから近いので夜遊びもできます。

 

まとめ

 

今回は那覇空港が拡張して国際国内連結ターミナルがができてから初めて行くのでそこを見るのも楽しみです。来月出張後にまたレビューします。

 

というわけで時間がある方はpeachでよくばりにバンコク旅行にプラス沖縄も楽しんでみてください。

 

K-DAD